「最高の人生を応援する」ダイヤモンド・コーチング・サービス

しなやかな自分軸を見つけるコーチング &
ONE TEAMを実感するコミュニケーション研修

Diamond Coaching Service ダイヤモンド・コーチング・サービス

人生100年時代
活き活きと生きる準備はできていますか?

ダイヤモンド・コーチング・サービス 渡辺久美子

ストレングスコーチのMY LIFE エッセンス 第1回 『最上志向』『目標志向』『活発性』


アメリカのオマハ(アメリカ中部ネブラスカ州)にあるGallup本社まで行って、コーチ仲間と共にストレングスコーチングを学び、認定資格を取得してからあっという間に1年半!

 

せっかく学んだのに、まだまだ活用していないなあと言う未完了を抱えていました。

 

そこで、今まで歩んだ人生を振り返りながらストレングスについて各資質のエッセンスを数回にわたってお伝えしていくことにしました。

 

アーリーアメリカンなオマハの町並

201402071524

 

研修センターから見えた川(まるで流氷のよう・・・)

まるで流氷のよう

 

 

 

 

ストレングスファインダーとは、その人が持っている才能(思考・感情・行動のパターン)の傾向を知るためのツールです。

 

Gallup社は200万人のデータを元に、人が上手くいっているときには無意識にどんな才能が使われているのかを調査・研究していくと約5000種類もの才能に行き着きました。

その才能をさらに分類・集約したのが34種類の資質(才能の集まり)です。

 

 

人は欠点を克服することにエネルギーを注ぐよりも、自然にできていることをもっと伸ばす方が効率的でモチベーションも上がります。

 

誰もが独自の才能を持っているのですが、あまりに当たり前すぎて自分では気づかず、 もったいないことになっている人もいるかもしれません。

 

まずは自分の資質を理解すること、自分の資質を好きになること、そして自分の資質を活かしていくことで本当の意味で『強み』になっていきます。

 

Learn it ! , Love it ! ,  Live it !  

 

今年Gallupのコースを受講したストレングスコーチ仲間から聞いた言葉です。

 

自分の資質を『強み』として効果的に使えるようになると、逆境に遭遇しても立ち直る力(=レジリエンス力)が備わります。

 

ヘルスコーチ・ジャパンのセルフマネジメント・トレーニング講座でも自己基盤を整えるために、自分の『強み』の活かし方を知ることは大切ですとお伝えしています。

 

まさに人生を豊かにしなやかに生きるためのツールの一つになりますね。

 

私の資質TOP5は『最上志向』 『ポジティブ』 『共感性』 『達成欲』 『社交性』です。

6番目以降に、『活発性』 『目標志向』 『個別化』 『親密性』 『学習欲』・・・・と続きます。

 

日本におけるストレングスコーチの草分け的存在 森川里美コーチによると、私は『目標が決まると一直線に突き進んでいくブルドーザーの部分と、一人一人の気持ちがよくわかり温かく優しく力強く応援する部分と、より良く自分を磨くためにコツコツ努力するまじめさを持っている』人らしい。

確かにそうです!

 

資質の順番は大きなライフイベントや社会経験によって多少変わることもあるそうですが、下位の資質が上位に上がることはまず無いようです。

 

今までの人生を振り返ってみると確かにこの資質があったからね~と思う部分がたくさんありました。

そこで私の人生のエピソードから、今回は 『最上志向』 『目標志向』 『活発性』についてお伝えします。

 

前職はJALのCAでした。

 

羽田空港の近くで飛行機を見ながら育った私は、鉄柵から覗き込みながらいつか外国へ行ってみたいと思っていました。

 

TV番組「兼高かおる 世界の旅」を見始めたのは小学校の低学年だったかしら? (あっ、年がバレる!)

 

世界の広大さ、どこへ行っても誰とでも仲良くなれる行動的で素敵な女性・・・その番組に引き込まれたと同時にCMも印象的でした。

 

そのCMとは、今は無きPAN AM だったのです。(当時は世界最大の航空会社でした)

 

そのCMからスチュワーデスという職業を初めて知りました。   TVの影響って大きいですね~

 

その後のTV番組「アテンションプリーズ」(紀 比呂子が主役)に釘付けになり、その時に『自分の将来はこれしかない!』って思いました(って決めました!)。

 

その頃、JALの存在は国内の航空会社としては最高峰。

私にとって目指す航空会社はJALしか考えられなかったのです。

他のモノは一切目に入りませんでした。(最上志向×目標志向)

 

そのために自分を磨いていきたい、合格するには何が必要だろうかを研究。(戦略性は低いんですけどね・・・)

 

まずは英会話力体力でしょう!と、高1で必死に英検2級を取り、放課後は部活で身体を鍛え、その合間をぬって英会話学校へ通ったのは懐かしい思い出です。

 

前年にJALへ入社した先輩を訪ねたり、英会話学校の友人と一緒に橋幸夫さんの奥様(元JALCA)に会いに行ったり、かなり行動的というより無鉄砲?でしたね。(目標志向×活発性)

 

得意なモノ、好きな事は夢中になってやるんですけど、不得意分野は全く興味なし(数学・物理・化学はトホホの赤点続き、、、) ⇒最上志向の弱みです(T_T)

 

あの頃はジャンボ機導入による大量採用時代。

高卒を中心に年間500人近く採用していましたのでとってもラッキーだったのです。

 

これだと思ったらすぐ行動(活発性×目標志向)の私は、早くスチュワーデスとして仕事をしたいと思い、大学受験は眼中にありませんでした。 大学へ行かなかった事は、今ではチョッピリ後悔していますが・・・。

 

高3の夏に受験の申し込みをし、1次試験は9月くらいだったかしら?

最終選考の第3次面接は12月の初めだったと思います。

 

その時の質疑応答で覚えているのは、

「Q:夢中になるのはどんなときですか?」

「A:バドミントンの試合に出た時に、無理だと思う相手に思い切ってぶつかっていったら勝てたんです。夢中になって頑張ればできるんだと思いました」 (←たぶんこんな答えをしたと思いますが質問の意味とちょっと違っていたかもしれません)

 

その後のやりとりで、

「(笑顔で)ご自宅は空港に近いんですね」 と言われ、 「はい、自転車で20分です」 と能天気に答えた私。

なぜかこのときに「合格したかも?」と思いました。

 

内定電報を受け取ったのはその年の大晦日。

私はよく覚えていないけど、父は今でもその日のことをはっきり覚えているそうです。

今は電報なんて知らない人もいるでしょうね?

 

電報の内容は『 サイヨウ ナイテイ アトフミ ニッコウ 』と意外にあっけないモノでした。


 

厳しい訓練を乗り越えて、219期全員集合です。


ミニスカートで Attention Please~♪


SS219 専門訓練終了

 

 

資質の話から、飛んでしまいましたが、何事ももっともっと質を高めたい、目標を立てたらイチ早く行動しないと気がすまないブルドーザータイプ(最上志向×目標志向×活発性)なので、つっ走らないように時々ブレーキをかけてくれる資質の人はありがたい存在です。

 

夫よ、よろしく頼みます。

 

*今日のワンポイントエッセンス
























  上手な使い方=Balcony(日が当たる場所)  もったいない使い方=Basement(地下室)
最上志向得意分野で向上心発揮とどめることを知らない
目標志向ターゲットは明確に決める集中すると周りが見えない
活発性停滞した環境の着火役慌ててよく小さなケガをする



もったいない使い方をすると、自分を追い込んで苦しくなったり、周囲の人に迷惑をかけることがあるので、しっかりと自覚することが大切です。

 

続きは次回・・・、スチュワーデスとして飛び始めた頃の話をお伝えします。

 

ストレングスについて詳しく知りたい方、すでにTOP5は出したけど活かし方がわからないという方、『ストレングスコーチング』 『パーソナルコーチング』 共に只今受付中です。

 

お申し込みは、以下のお問い合わせページからどうぞ!