ダイヤモンド・コーチング・サービス ブログダイヤモンド・コーチング・サービス ブログ

『この年齢で今さらコミュニケーションを学ぶなんて・・・』

 

『自分はコミュケーションに困っていないし・・・』

 

と思っていませんか?

 

といいながらも、職場や関わっている組織で相手の想いを汲み取れなかったり、自分の思いをわかりやすく伝えることができなくてストレスを感じている人も多いのではないでしょうか。

 

そんなお悩みを解決し、相手に影響力を与えることができる人を目指す『コミュニケーション能力2級認定講座』を12月6日に都内で開催しました。

 

 

当日は、志の高い方々が多く参加して下さり、和気藹々とした雰囲気の中、楽しい学びの一日となりました。

 

参加して下さった方々は、大学生、看護師、研修講師、塾講師、飲食店店長、フードコーディネーター、セラピスト、管理職、経営者など多彩なメンバーです。

 

信頼関係構築に必要なコミュニケーションスキルを一つ一つ丁寧に、エクササイズを通じて身につけていきます。

 

DSC_4879

 

 

自分のコミュニケーションのクセや思い込みに気づくこんなゲームもありました。

 

DSC_4880

 

参加した皆さんの感想です。

 

「コミュニケーションの概念が変わった。相手の心を満たす言葉をかけることで、自分の心も満たされることが体感できた」

 

「普段当たり前にやっていることが,どうして効果的なのかがわかった」

 

「まず家族(子ども)とのコミュニケーションに活かせるので,早速家に帰ったら言葉をかけてあげたい」

 

「他者からのたくさんの承認メッセージを頂いたことが一番印象に残った。」

 

「すでにコーチングを学んでいたが,より詳しく丁寧に学べた。褒め方だけでなく、叱り方のポイントもあったので、子どもに対して活用してみたい」

 

お昼休みには、神田の有名な鯛焼きを頬ばりながらリラックスタイム♪

 

DSC_4874

 

この日のうちに筆記試験があり、全員が無事合格しました!

 

DSC_4883

 

学びを加速させるには、24時間以内に、人に話す・実践することが重要です。

 

早速その日、帰宅後、息子さんに「いいなと思うところ」をYOUメッセージIメッセージで伝えたら,言われ慣れていないので挙動不審になりつつも嬉しそうだったとのこと。 翌日は元気に笑顔で登校していったとの嬉しい報告がありました。

 

日常の何気ない言葉がけや立ち居振る舞いが、相手の心を満たし、やる気を引き出していきます。

 

そのためには、まず自分をしっかり承認してあげることからスタートしていきましょう!

 

2級講座では1対1のコミュニケーションを学びましたが、次の1級講座(←ここをクリック!)では、1対他のコミュニケーションとリーダーシップについて学びます。

 

さらに学びの幅を広げたい方は是非チャレンジしてみて下さいね(^^)/

 

     ~コミュニケーションの質が上がると人生の質も上がります~

 

*2級講座は今後も開催していきます。 参加者が6名以上集まれば、出張講座もいたしますのでご遠慮なくご相談下さい。

 

 

今回は『親密性』『社交性』についてお伝えします。

 

客室乗務員はきっと『社交性』を持っている人が多いんでしょう?とよく言われます。

 

誰とでもすぐ仲良くなって、パーティが大好きで、お友達も多くて、広く浅くお付き合いするようなイメージ???

 

パーティ

 

 

一方、『親密性』はと言うと。

ちょっとはにかみ屋さんで、少人数でじっくりお付き合いするイメージ?

 

一般的に相反するように思いますよね。

 

機内での仕事やチームワークにもそれぞれの特徴が出ていました。

 

私が乗務していた ウン十年前、客室乗務員は10名から15名のチームを作り、チーフパーサーを筆頭にパーサー、アシスタントパーサー、スチュワーデスで編成されていました。

 

 

 

 

DSC_5242

 

 

ほぼ毎回同じメンバーでフライトをしていましたが、時に他のチームの人が入って長い時は1週間から2週間も一緒に仕事をします。

 

飛行機を降りても、一緒に食事をしたり、出かけたり、ヘタをすると家族よりも一緒にいる時間が長かったときもありました。

 

最初は、馴染まなくて1人で部屋にこもっていた人も何回か一緒に仕事をしたり、お食事に行くうちに少しずつ慣れて打ち解けてきます。

 

東京へ帰る頃はすっかりグループの一員、というか無二の親友になった人もいます。

 

今思う『親密性』を持っていた人は毎回メンバーが替わるフライトはちょっときつかったかも。

 

『親密性』の人は、相手と信頼関係を築くのに時間はかかるけど、一旦この人ならば信頼できると思うとグッと親しくなリ、長続きする一面も持っています。

 

機内の仕事でも、9時間以上の長いフライトで少しずつ時間をかけてお客さまのことを理解し最後は「やっぱりあなたにサービスしてもらって良かった」と言って頂けるのは『親密性』を持っている人の強みでしょう。

 

馴染みのお店に通い続けるのも『親密性』の特徴でしょうか。

 

一方『社交性』を持っている人は、初めての仲間ともすぐ仲良くなり「初めて会った気がしないね~」とすぐに距離感を縮めることができます。

 

初めての場所で緊張している人にとってはありがたい存在ですね。

 

『社交性』は影響力資質なので、周囲を巻き込んで自分の味方を増やします。

 

『社交性』の英語表記は【WOO】 Winning Others Over の略で、相手を自分の味方に引き入れる、自分を好きにさせる の意味です。

 

日本語の<社交性>のイメージよりも結構強い力ですよね。

 

お店に行ってもすぐに店員さんと仲良くなって名前を聞いたり、エレベーターで一緒になった人に「今日は、いいお天気でよかったですね」などと気軽に話しかけるので、後から「あの人知り合い?」「いえ、知らない人」等もしばしば。

 

機内での一コマでこんな事がありました。
機内販売サービスの時にお客さまに商品をお薦めすると

 

(お客さま)「これ、ちょっと派手かな~」

 

(私)「私もこれを買ったんですが最初はそう思いました。で実際に使ってみると黒のセーターにバッチリ合って華やかになります。黒のセーターならばどなたもお持ちだと思いますよ。」

 

(お客さま)「よし、それ買おう。君は営業が上手いね。CAを辞めたら営業の仕事したら?」と言われました。

 

DSC_5226

 

私は『社交性』が5位『親密性』が9位なので、両方理解できます。

 

初めての場所でもあまり気にならないし、どんな人と出会えるのかなとウキウキすることもありますが、反応が欲しいので一生懸命話しかけて反って墓穴を掘ったこともしばしば。

 

放って置けばいいのにそれができないんですよね。

 

特に意識しているわけではないのですが『いい人』と思ってもらいたい気持ちが人一倍強いのかも知れません。

 

私の『親密性』は、馴染みのお店を見つけるとずーっと通い続けることかな?
広く浅くチャレンジするけど、ここぞと思ったところは深くつき合いたいと思う。

 

近所の美容院には20年以上通っているし、同じシリーズの手帳を7年も使い続けてる・・・。

 

*今日のワンポイントエッセンス

 

上手な使い方=

Balcony(日の当たる場所)

 

 もったいない使い方=

Basement(地下室)

親密性

信頼のおける人と
長く深く付き合える

 身内びいき。マフィア気質

社交性

初めての場所でも
物怖じしない

軽い付き合いと思われがち。嫌われること恐れる

 

今回はここまで。

次回はどんな資質のご紹介をしようかな~

 

どうぞお楽しみに~♪

 

****************************************************************************

ストレングスについて詳しく知りたい方、すでにTOP5は出したけど活かし方がわからないという方、『ストレングスコーチング』 『パーソナルコーチング』 共に只今受付中です。

お申し込みは、以下のお問い合わせページからどうぞ!

http://diamond-c-s.jp/contact.html

最新の記事

もっと見る

カテゴリー
月別アーカイブ

ページトップへ